シミ取りをするならレーザーが効果的

お肌にシミができてしまうことで、見た目的な印象は一気に老けてしまいます。やはり、シミそばかすは老化現象の一つでもありますので、できればクリアな肌にしたいものです。美白化粧品を使うことで、メラニンの動きを抑制することができますので、シミそばかすを予防することができておすすめです。しかし、あくまでもそれは予防であって、できてしまっているシミに関してはシミ取りをすることが理想的です。代表的な方法としては、美容皮膚科などでできるシミ取りがありますが、レーザーなどを使って治療していくことが定番です。レーザーによって、新しい皮膚に生まれ変わらせることができますので、その部分はとてもきれいになります。即効性がありますし、今までクリームなどを使っていたけれどあまり効果がわからなかったという方には、特におすすめです。レーザーにはいろいろな種類がありますし、シミの種類によっても使い分けをしていくことになりますので、実績のあるクリニックでの施術をおすすめします。口コミなども参考にされるとよいですし、また費用なども保険が適用とならない場合には、ばらつきがでてきますので、できるだけ事前に調べてから行くと良いでしょう。

種類を特定してからのシミ取り治療

シミとは、メラニンという色素がお肌に沈着する事でできる、薄茶色から濃褐色の斑点になります。一般的にシミの原因とされているのは、紫外線や老化、ホルモンバランスの乱れなどです。一言にシミと言っても、その原因や症状により、数種類に分けられます。そして、種類によって治療方法も異なってきます。同じシミに見えても、複数の種類のシミが混在している場合もあるため注意が必要です。しみ取りなどの治療をするにあたっては、まず最初に、信頼できる皮膚科で受診して、シミの種類を特定する事が大切です。シミ取り治療の代表として、クリニックでのレーザーや光治療があげられます。しかし、レーザーや光治療を受ける前に、まずはシミの種類を特定し、外用薬や内服薬で効果が得られるものであれば、まずそちらを試してみると良いでしょう。皮膚科で処方される薬には、美白作用のある外用薬や、身体の内側から美白する内服薬などがあります。いずれもシミの種類を特定した上で処方される医薬品になります。有効な成分が高濃度で含有されているので、効果が高いため、それらを試してみて、それでも満足のいく効果が得られなかった場合は、クリニックでのシミ取り治療を受けると良いでしょう。

皮膚科でのシミ取り治療

シミは紫外線や老化などによりメラニン色素が肌に沈着することでできます。シミ取りの治療は、クリニックのレーザー治療がありますが、その他、皮膚科での外用薬や内服薬による治療もあります。皮膚科で行われるシミ取り治療に効果があるとされるのはそばかすや老人性色素斑です。美白効果が期待できる外用薬と内服薬があります。有効成分が高濃度含まれていますので、経験豊かな専門医によって処方される医薬品となっています。外用薬にはハイドロキノン軟膏があり、漂白作用が強い成分が高い濃度で含まれています。トレチノイン軟膏は、皮膚のターンオーバーを促す作用があり、メラニンを排出する効果があります。どの薬もシミ取り効果があるもので、量や塗布回数がシミの状態に合わせて医師が指示を出しますのでそれに従って使うことが大切です。内服薬のビタミンC誘導体は、抗酸化作用がありメラニン色素の沈着を和らげます。ビタミンEは、若返りの成分とも言われておりシミ取り効果を期待できます。皮膚科でのそのような治療には、健康保険が適用されるものもあればされないものもあります。レーザー治療の場合には適用されないことも多いので、受診する前に確認することができるでしょう。

皮膚科で行なうシミ取りの治

鏡を見て、最近でき始めたシミに悩む人も多いことでしょう。もちろん自分でケアすることもできますが、専門の皮膚科を利用すればより安心です。皮膚科で行なうことのできるシミ取り治療は一つだけではありません。幾つかの方法があるため、慎重に選ばなければなりません。もちろん、シミができた原因やシミの種類などによって、効果的な治療法も変わってくるものです。皮膚科で行なうシミ取り治療には、美白効果を持つ外用薬を塗ること、また体の内側からきれいにする内服薬を服用することなどがあります。たとえば外用薬としては、トレチノイン軟膏やハイドロキノン軟膏といったものがあります。内服薬に関しては、ビタミンC誘導体やビタミンEを配合したものなどがあります。いずれの薬も専門の医師により処方される医薬品です。中には、有効成分が高い濃度で含まれているために、誤った使用により副作用が生じることがあります。使用に際しては、必ず医師の指示をしっかり守るようにしましょう。これら医薬品に加えて、皮膚科で行なうシミ取り治療として、レーザーを使った治療法があります。この場合、保険が適用されないことがあるので注意が必要です。必ず事前に確認するようにしましょう。

気になるシミ取りをしてキレイを取り戻そう

ふと鏡を見るといきなり顔に出来ていたりするシミですが、吹き出物のようにほっておいたり市販の塗り薬で完治したりするような簡単な肌トラブルではありません。肌の奥に蓄積されたメラニン色素が肌の表面に浮き上がってきたシミは、「出来物」ではなく、そこだけ肌の色が変わってしまっている、という肌の状態なのです。ドラッグストアや薬局に行くと、シミ取りに有効な塗り薬が販売されています。しかしそこはやはり市販薬、効果があまり感じられない場合が多いようですし、また効果が出るとしても長い時間がかかったりします。真剣にシミ取りをしたい、と考えるのでしたら、美容皮膚科を訪れることをお勧めします。シミ取り治療には塗り薬とレーザー治療が有効です。ただ塗り薬は大変高価で、また、続けて使用し続ける必要があるので、金銭的なことを考えた場合には避けたほうが良いかもしれません。一番一般的なのはレーザー治療です。レーザーを当てたあと、シミが浮き上がりそしてはがれてきます。しばらくはその場所に絆創膏をつけておく必要がありますが、皮膚が再生すればまたキレイな肌を取り戻すことが出来ます。ただ、シミの根が深いとまた同じ場所にシミが浮き上がってくる可能性があります。その場合は再度レーザー治療が必要になりますが、最終的にはシミのない肌になることが出来るのです。